美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダニエル・クレイグ 美容整形手術の技術を高評価


ダニエル・クレイグが顔面の美容整形手術を受けたことを告白しました。
そして、今の美容整形手術の技術の高さを実感したようです。

俳優であれ、女優であれ、芸能人は顔が命です。
その一度は壊れた顔が、美容整形手術で元通りですから、技術は高くなりました。

日本の美容整形の技術の高さを実感するなら、
↓ココですね。
神奈川クリニック


『007/慰めの報酬』に出演したダニエル・クレイグが、撮影中にセットで顔に8針を縫うけがしたために、美容整形手術を受けていたことをエル誌のインタビューで語った。

【関連写真】映画『007/慰めの報酬』

 クレイグが6月に本作を撮影していた際、たまたま共演者に顔をけられて8針を縫うけがをした出来事は大きく報道されていた。クレイグはその顔に美容整形を施したということをインタビューで初めて告白した。クレイグは雑誌エルで、「医者は素晴らしい整形手術をしてくれたんだ」と医者の腕が良く、その施術にも満足していることを語っている。

 またクレイグのスポークスマンは、やはりこの映画の撮影中に痛めた肩も手術したと語っている。けがだらけの撮影となった『007/慰めの報酬』は、イギリスで10月29日にワールド・プレミアを迎える予定だが、映画のヒットでその苦労が報われることを祈りたい。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081014-00000007-flix-movi
スポンサーサイト

男性の美容整形が密かに流行 中国湖南省長沙市


男性の美容整形が中国湖南省長沙市で密かに流行しているようです。
まあ、日本でも男性の美容整形は珍しくもありませんが・・・。

どのお国も、男性女性限らず、見た目はやっぱり大事です。
美容整形で得たイケメンであっても、それはそれでいいのかもしれません。

2008年12月8日、長沙晩報によると、湖南省長沙市で男性の美容整形が密かに流行している。整形を行う男性の多くは、海外ドラマ「プリズン・ブレイク」の主人公のような美男子になろうと努力しているのだという。

ある美容整形外科医は、今年に入ってから、美容整形に興味を持つ男性が大幅に増え、以前は男性で整形をする人は1割程度だったのが、現在では2割を超えていると話している。整形部位の多くは鼻やまぶたで、このほか、脂肪吸引や植毛、歯の矯正など。整形を行うのは若い人ばかりではない。40歳を過ぎたばかりのある男性は、肌荒れに薄毛、歯の変色から50歳以上に見られることが多かったが、整形でずいぶん若く見られるようになったと、夫婦で喜んでいるという。 【その他の写真】

整形外科医によれば、現在は男性も「美」を追究する時代で、「個性」や「バイタリティー」が重要な要素になっているという。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081209-00000010-rcdc-cn

ジェイミー・リン・スピアーズ 妊娠中に脂肪吸引手術の事実が発覚


ジェイミー・リン・スピアーズが、なんと妊娠中に脂肪吸引手術の事実が発覚しました。
(しかし、若さゆえの無知ってコワイ…)

脂肪吸引手術のうわさならまだしも、事実です。
普通、いくらなんでも赤ちゃんの命が第一でしょ?

やる医者も医者です。


姉ブリトニー・スピアーズ(27)に比べれば行儀がよくて仕事熱心、若手アイドル・タレントの中でも将来性を十分に期待されながら、16歳にして妊娠、17歳で出産し、タレント活動からは離れていたジェイミー・リン・スピアーズ。彼女は現在、生後5ヶ月のマディー・ブライアンちゃんという娘を育てているが、なんと妊娠中には禁忌とされる脂肪吸引手術を受けていたと芸能誌が報じた。


先日、音楽プロデューサーであり歌手のカニエ・ウェストが、母親ドンダさんが脂肪吸引手術後の容態の急変で亡くなってから1年経つものの、まるで悲しみが癒えずにいる様子をお伝えしていた。

どの種類の手術でもそれは同様であろうが、脂肪吸引手術は、出血性体質や感染症にかかっていると受けられない。さらに禁忌事項として、どの美容整形外科医も「妊娠中の女性」を挙げるという。

米芸能誌『Star』に寄せられた情報によると、妊娠とは思わず、ついお腹周りが太っただけと思ったジェイミー・リンは、脂肪吸引手術を切望し、承諾した母親のリンさんを伴ってセレブ御用達の美容整形外科医を訪ねたという。

なぜなら、ジェイミー・リンはまだ未成年者ゆえに、既往歴やアレルギー体質など問診票は保護者のリンさんが記入し、署名しなければならないからである。当然「妊娠中ですか?」の質問に、“No” を丸で囲んだであろう。

ブリトニーとジェイミー・リンというふたりの娘を育てて世に送り出した母親として、今年9月、リンさんは自叙伝『Through the Storm』を出版したが、その中で彼女は、セレブになっていく娘への心配や親としての苦悩はもちろんのこと、いくつか苦笑してしまうような話や仰天の内容をも明らかにしていた。

この「妊娠中と知らず未成年の娘の脂肪吸引手術に同意し、誤った問診票を提出し、胎児を大変な危険にさらした」というのも、自虐伝、いや失礼、自叙伝の第二版のために、是非とっておきたいネタであろう。もちろん情報がウソでなければ、の話ではあるが…。

宇多田ヒカル 美容整形失敗疑惑とうわさの真相


宇多田ヒカルに美容整形失敗疑惑とうわさが出ていましたが、真相はいまだ不明のようです。

宇多田ヒカルが美容整形を失敗したのでは?
といううわさが広まったのは、彼女の激ヤセぶりからです。

エイズ検査もパスし、今は人間ドックの結果待ちとのこと。
宇多田ヒカルが美容整形っていうのも、ちょっとしっくりきませんからね。


3月リリースのアルバム『HEART STATION』が100万枚を出荷し、6作連続でミリオンセラーを記録したほか、「iTunes Store」のダウンロード数、TSUTAYAのレンタル数でも年間首位を獲得するなど、今年も絶好調だった宇多田ヒカル。オリコンが11月に発表した「音楽ファン2万人が選んだ好きなアーティストランキング」で2年連続3度目の1位に輝いており、トップアーティストの地位は不動のようだ。

そんな宇多田ヒカルの「激ヤセ」ぶりが、ネットを中心に話題となっている。本人も体重が減り続けていることを自覚しており、人間ドックに入って徹底的に検査する予定だという。

宇多田ヒカルに異変が起きたのは、今年9月放送のTBS系「COUNT DOWN TV」特番に出演したときのこと。VTRコメントのみの登場だったが、あまりの変貌ぶりに「整形」もしくは「整形失敗」疑惑も持ち上がったほどだ。

整形については本人がブログできっぱりと否定したものの、10月の更新あたりから体に謎のアザがついていること、両親ともにアザができやすい体質であることなどを告白。11月17日の更新では、体重が減り続けていることに加え、病院へ血液検査に行ったことも報告した。しかし、検査の結果、エイズなどの性感染症を含めて異常は見つからなかったという。そのため、ファンからは「特発性血小板減少性紫斑病」ではないかと心配する声も寄せられたようだ。

さらに、12月3日の更新で久しぶりに自身の写真を公開したが、本人もつづっているようにかなりやつれている様子。4月放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」特番に出演した際にはこれまでと変わらない姿だったことから、約半年でこれほどまでにヤセてしまったことに、ネット上では「拒食症ではないのか」との憶測が飛び交っている。

本人は元気であるとしているが、謎のアザに激ヤセ、しかし血液検査で異常が見つからないというのは不気味な話。心配するファンからは、02年に受けた卵巣腫瘍の摘出手術の影響を指摘する声も上がっている。いずれにせよ、本人が「楽しみにしている」という人間ドックでの検査結果がまたれる。
http://news.livedoor.com/article/detail/3925709/

菅谷クリニック(サニークリニック)菅谷良男が詐欺で逮捕


菅谷クリニックはいつのまにかサニークリニックに名前を変えていたんですね。
名前を変えても、悪徳美容整形は変わりないですが・・・。

美容整形手術に伴い診療報酬を不正請求し計約110万円をだましとったとして、神奈川県警捜査2課などは30日、横浜市泉区の「菅谷クリニック」(サニークリニックに改称)を経営する医療法人「天道会」理事長、菅谷良男(58)▽事務部長でおじの英司(69)▽元医事課部長でおいの妻、実希子(32)--の3容疑者を詐欺容疑で逮捕した。菅谷容疑者は旧厚生省の元医療指導監査官で、保険診療の不正をただす立場にあった。「不正な請求はしていない」と容疑を否認している。【池田知広、山衛守剛】

まったくもって詐欺ですね。

 調べでは、菅谷容疑者らは04年10月~06年8月ごろ、腕のタトゥーを消去するレーザー手術をして30代の男性患者から自由診療の実費を得ながら、健康保険適用対象の瘢痕拘縮(はんこんこうしゅく)(変形した傷跡)の手術をしたかのように装い、診療報酬明細書を作成。県社会保険診療報酬支払基金(同市中区)から21回に渡り約110万円をだましとった疑い。

 県警によると、同クリニックは04~06年、同様の消去手術を受けた患者十数人に対し、男性患者と同じ瘢痕拘縮の手術をしたとして約2000万円の診療報酬を受け取ったという。

 神奈川社会保険事務局は07年12月、監査で約400万円の不正請求を確認したとして、うち約150万円の詐欺容疑で菅谷容疑者を告発。県警は今年1月に関係先を家宅捜索した。07年2月には、同局などが菅谷容疑者の保険医登録とクリニックの保険医療機関の指定を取り消している。

 厚生労働省によると、菅谷容疑者は87年10月~89年3月、旧厚生省で不正請求を監視する「医療指導監査官」だった。毎日新聞の逮捕前の取材に「監査は言っていないことのオンパレードで捏造(ねつぞう)だ。タトゥーを除去した患者はその真ん中に瘢痕拘縮があった」と反論していた。

 菅谷クリニックは神奈川県と東京都内に最大6院を開設。民間信用調査機関などによると、ピーク時には14万~15万人の患者を持ち、年間売り上げは約32億円に達した。

 同局の06年3~12月の監査結果によると、クリニックは「治療費請求マニュアル」を作成し▽ピアスの穴開けで患者から実費を受け取る一方、実体のない病名をつける▽単なるレーザー照射を「手術」扱いにする--などの方法で不正請求が常態化していたという。
Copyright © 美容整形うわさと疑惑と本当の業界芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。