中国の整形美女コンテストの実状・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中国の整形美女コンテストの実状


韓国は美容整形ブームだけど、中国も結構な美容整形ブームみたいですね。

美容整形コンテストが開催されるぐらいですから・・。

2004年末、北京で美女コンテストが開催された。中国で美女コンテストが開催されるのは珍しいようだが、これは、美容整形外科手術を受けた女性を対象としたものだった。その優勝者は吉林省出身の女性で「中国美容整形業界イメージキャラクター」に輝いた。優勝した女性は「このコンテストが美容整形に関する悪いイメージを払拭するきっかけになることを願っている」とコメントした。

美しい女性を目指すのは悪事じゃないけど、美容整形の美女コンテストを開催するところが中国のすごいところだ・・。

 今回の美女コンテスト開催は、以前に開催されたコンテストに出場した女性が実は11万人民元、日本円にして140万円かけて美容整形していたが、整形の事実が発覚してコンテストの資格を
剥奪されたことがきっかけである。そこで主催者は美容整形専門のコンテストを思いついた。主催者のコメントは「女性の美しい人生の切実な追求を示す一方、整形にはリスクがあり、慎重に行動する必要がある」とのことだ。

美容整形が発覚する背景には、敗退者からのねたみやうわさが開催者に密告されたんだろうな・・。

 日本でも美容整形やいわゆるプチ整形が流行っているが、意外なことに中国でも若者達の間で美容整形が流行している。具体的には、二重まぶたにするには800~3000元ぐらいの相場である。この値段が安いか高いかは、個人の価値観によるが、やはり女性が美を追求する気持ちは万国共通である。

アメリカやヨーロッパより、アジアの方が若者達に美容整形が浸透しているとは・・。

 少し前の中国ではこの様なコンテスト自体が禁止されていた。1949年に共産党が美女コンテストを全て禁止していたのである。ミス・ワールドの世界大会に参加したのも実は今世紀に入ってからで2001年が初参加である。中国でもこの様なコンテストが開催されるとは毛沢東も想像だにしなかっただろう。ミス・コンを女性差別という意見も多いが、洋の東西をとわず、やはり女性は常に美しくなりたいという願望がある。

中国は美容整形に関してお固いイメージがあったけど、これも時代の流れか・・。


(引用:ライブドアニュース
スポンサーサイト
Copyright © 美容整形うわさと疑惑と本当の業界芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。