美容整形に対する偏見の変化・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容整形に対する偏見の変化


最近は美容整形が当たり前になった気がしますが、世間はどうなんでしょうか?

もはや整形ブームを通り越してしまったのでは?

一昔前は美容整形をしてるってだけで、すぐうわさになったり偏見を持たれたりしてたもんですが・・・^^;

「プチ整形」が流行している。二重まぶたにしたり、シワをなくしたり。女性雑誌に特集が組まれ、美容外科の広告にも「プチ」の文字が躍る。美容整形に対してかつてあったような偏見や倫理的なこだわりは、薄れつつあるようだ。“整形ブーム”は現代社会のどんな変化を映し出しているのか。九州大大学院助教授の山口裕幸さん(45)(社会心理学)と考えた。(佐藤 正昭)

プチ整形っていう言葉が若者に浸透しやすい原因のような気もしますが・・・。

プチ整形に明確な定義はないが、一般的にメスを使わずに短時間で済ませられ、費用も比較的安価なものがそう呼ばれている。身体に無害とされる新しい注入剤が開発された2、3年前から、プチという言葉の持つ気軽な印象も手伝って、年代を超えて女性たちの間に広まっている。

たしかに美容整形はお手軽になりました。

このプチ整形を考えた人は、天才です。

 「かつては、親からもらった体に傷を付けることに
抵抗感がありましたね。でも、社会的、倫理的なブレーキがかけられて、ごく一部の人しかやらなかったことでも、価値観の多様化などで徐々に増えてくる。そして、限界質量といわれる一定の割合を超えると、雪崩を打ったように一般化し、流行になります。茶髪やピアスがそうだったように、したくても勇気のなかった人が、だれの目を気にすることなく出来てしまう。プチ整形もそれと同じと見ていいのかもしれません」

時代の流れでしょう・・。

 プチと言っても、整形の方法が従来と異なるだけで、顔を変えることに違いはない。哲学者の鷲田清一氏は『顔の現象学』で、〈わたしは自分の顔に、(自分でも気づかない)その微妙な変化に、他人の顔をまなざすことによって、間接的にしか近づくことができない〉としている。自分の所有物と思っているものの、実は他者を通してしか意識出来ないのが顔なのだ。整形によって他者との関係性が悪くなってしまうリスクもないとはいえない。

美容整形は当然リスクをともないますし、よく考えて実行しないと後悔することが良くあります・・。

今後は、男性のプチ整形が流行するのでは?


(引用:YOMIURI ONLINE
スポンサーサイト
Copyright © 美容整形うわさと疑惑と本当の業界芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。