韓国の美容整形事情と儒教・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の美容整形事情と儒教


現在、アジアで最も美容整形が盛んな国は韓国でしょう。

でも韓国は元々儒教の国・・美容整形なんてとんでもないことのはずが、なぜこうなってしまったのでしょう?

韓国は儒教の国といわれる。本家の中国より教条的だったので、かつては小中華とも評された。現在でも儒教は社会生活に深く根を下ろしている。

 しかし、時代の移り変わりとともに守れなくなるものもある。儒教の教えの中に、両親から受けた身体髪膚(しんたいはっぷ)はあえて毀傷(きしょう)してはならない、これは韓国人が最も大切とする「孝」の始めとある。このため近代の入り口で、ただ髪を切るだけの断髪令が出た時でさえ数百人の自殺者が出たと言う。

昔のこととはいえ、韓国に限らずアジアはとんでもない世の中だったんですね。

 ところが、約百年たった今、韓国といえば髪どころか体にメスを
入れることもいとわない、美容整形の盛んな国と言われるようになった。日本人に比べると本人や親も抵抗感が薄いようで、わりとオープンで前向きにとらえているようだ。

韓国は親が子供に美容整形を勧めるぐらいですから・・しかもその理由は、親が美容整形をしてるからだそうで、これも韓国のお国柄ですね。

 ただ、大学が休みの時期は手術は2か月待ち、親が子供の大学入学祝いに整形費用をプレゼントすることもあると聞くと、少々やり過ぎではと思ってしまう。こんな風潮を憂えて外見より内面を磨こうという議論もあるが、外見重視の社会の価値観にこそメスを入れるべきだろう。

美男、美女の方が就職に有利なのは否めない世の中ですが、美容整形まで必要なんでしょうか?

 
(引用:YOMIURI ONLINE
スポンサーサイト
Copyright © 美容整形うわさと疑惑と本当の業界芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。