韓国芸能人の美容整形告白の懸念・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国芸能人の美容整形告白の懸念


韓国芸能人の美容整形告白が流行してますが、これによる懸念もあります。

韓国はただでさえ美容整形がブームですが、韓国芸能人も普通に美容整形をしてるとなると、さらに美容整形業界が繁盛します。

美容整形業界が繁盛するのは悪くないのですが、悪質な美容外科クリニックもでてきます。

韓国の美容整形技術は世界一ですが、悪質な美容外科クリニックが無いわけではありません。


芸能人の整形告白が昨日今日の話ではないが、最近男性デュオFly To The Skyのメンバーファニが、整形手術の事実を堂々と告白しながら、インターネットを賑わせた。

最近になって芸能人の整形告白が自然に流行のように広がっていることが、驚く風潮である。

過去には女性芸能人が主だったことが、
最近は男性芸能人もよく登場し、顔よりは歌唱力が優先視される男性歌手たちが増えているという点が、異色である。娯楽番組に出演して「正直、直したのですか?」という司会者の問いに素直に認める水準を越えて、聞かれてもいないのに「どこそこを直した」と先に告白する。

テレビ番組で追求されるほどの罪でもないはずなのに「その通りです」と答え、自ら兔罪符を与えるのだ。

整形告白を暗黙的に強要することは、他でもない大衆である。

ある芸能人は堂々と告白して、ある芸能人は賢いネットユーザーが過去と現在の比較写真を突き付けると、仕方なく整形事実を認める場合もある。

告白しなけれ隠していると言われ、 堂々と告白すると整形がまるで趣味であるかのように思われ、芸能人という職業は、本当に気の毒である。

芸能人の整形告白が相次ぎながら憂慮されることは、社会的に整形がとても軽く見られる点である。

ルッキズム(Lookism 外貌至上主義)を巻き起こすという強い批判も起こっている。

韓国に2000年度から吹き始めた“ダイエット熱風”と“オルチャン&モムチャンシンドローム”“童顔選抜大会”などに後押しされて巻き起きたルッキズムは、外貌が人間の優劣だけではなく、人生の成功・失敗まで牛耳ると信じて外貌に過度にとらわれすぎる社会風潮として認識されている。

現在韓国社会に蔓延されたルッキズムを増長しているには、芸能人の相次ぐ整形告白ではなくマスコミの影響によるものと見られ、自省の必要性を感じる。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=73243
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。