ニュージーランドは美容整形でキャリア・アップ?・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニュージーランドは美容整形でキャリア・アップ?


ニュージーランドもアメリカと同様、美容整形で若さを保つ事がキャリア・アップにつながりつつあるようです。

現在、ほとんどの美容整形先進国はこの傾向があるようですね。

ここ最近、美容整形の浸透が著しいニュージーランドで、中高年層の間でも美容整形が静かなブームとなっているようだ。アメリカの美容整形外科医、ウィリアム・リトル氏は、最新の美容整形技術を伝授するため、現在この国を訪れているが、「担当した顧客の半数以上は、“キャリア・アップ”のために整形手術を受けた」と述べている。

やはりどの国も、見た目は重要なようで・・。

 外見の若さを尊重する考えが広まっているアメリカでは、2002年に美容整形手術を受けた人の数が約660万人だったのに対し、昨年は約870万人まで増えている。ニュージーランドでの正確な数値は出ていないが、オークランドの美容整形外科医、トリスタン・ドゥ・シャレン氏は、毎年約10%ずつの増加傾向にあると推測。同氏は、「とりわけ職場では、
若さを保つことが重要だと考える人が増えている」と言う。

就職の面接でも容姿が問われる時代ですから、やむを得ない話かも・・。

 顔のしわを伸ばす、唇に厚みを出す、豊胸などの美容整形は、もはやタブーではなくなりつつある。こうした現象には、素人に整形手術を施す過程を映した人気テレビ番組、『Extreme Make Over』や、高視聴率を記録したアメリカのドラマシリーズ、『Nip / Tuck』なども大きく影響しているようだ。

見た目が美しくなると、心も美しくなりますから、いいんじゃないですか^^

 一方、“カウボーイ手術”と呼ばれる、素人医師による手術トラブルも急増中だ。シャレン医師は、「ニュージーランドで実際に整形外科医としての資格を持っているのは32人で、20人以上の無資格の医師が施術を行っているようだ」と述べ、注意を促している。

無免許医師が整形手術をしてるのは問題ですね。

これは早く改善して欲しいことです。


(引用:ニュージーランド総合情報/ニュージー大好き
スポンサーサイト
Copyright © 美容整形うわさと疑惑と本当の業界芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。