韓国の美容整形「韓流整形」を中国人医師が学ぶ・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国の美容整形「韓流整形」を中国人医師が学ぶ


韓国の美容整形「韓流整形」を中国人医師が大勢学びにきました。

さすが美容整形大国韓国の「韓流整形」は、世界的に技術が高いですね。

中国もこれだけ熱心に韓国の美容整形技術を学べば、中国の美容整形技術もかなり向上するでしょう。

日本の美容整形技術もかなりレベルは高いですが、韓国の美容整形「韓流整形」もできるだけ取り入れると良いですね^^


22日、ソウル新沙洞の東洋整形外科ビルの地下小劇場に、中国・広西壮族自治区の美麗医療美容整形外科に勤務する医師リ・ジンさん(33)ほかの中国人医師80人が集まった。

客席の前に設置された大型スクリーンには、同ビル7階の病院で行われている「長い曲線の四角アゴを切除する手術」の様子がリアルタイムで中継されていた。

皮膚を切開し、骨を削る韓国人医師の繊細な手さばきに、
リ・ジンさんの視線は釘付けになっていた。

 リ・ジンさんはこの「韓中東洋整形シンポジウム」に出席するため、1万元(約16万2000円)を支払い、21日韓国を訪れた。

このシンポジウムは、中国医師協会が中国全域から整形外科医師を募集し、韓国東洋整形外科・BK整形外科に教育を委託したもの。

リ・ジンさんら中国人医師67人と病院経営陣13人は2日間の日程で韓国の整形技術に関する講義を聞き、直接手術室を見学した。

 リ・ジンさんは「韓流ブームにより、中国の上流層の女性らが整形手術を受けるために韓国を訪れている。

そのため、韓国で手術技術を学んで来たと宣伝している近所の整形外科には客が押し寄せている」と話した。

 実際に東洋整形外科の場合、2002年から「手術の技術を見せて欲しい」と突然病院に訪ねて来る中国人医師が500人余りにも達しているという。

ホン・ソンボム代表院長は「診療に支障が出ることが懸念されるほど多くの中国人医師が訪れるので、あらかじめ準備を整えて正式に教育の場を設けることにした」と、シンポジウムを始めた経緯について説明した。

 リ・ジンさんは、特に「ほお骨縮小術」に関心を寄せていた。

ベトナムに隣接する地域の特性上、女性のほお骨が特に発達しており、問い合わせが多いためだ。

リ・ジンさんは「韓国の手術技術は繊細かつ緻密(ちみつ)でありながら、手術にかかる時間は(われわれの)半分程度であり、世界的な水準にある」と称賛した。

 一方、チベットに隣接する中国北部ウルムチ整形病院のポン・フアン院長(46)は二重まぶたの手術に関心を寄せていた。

ポン院長は「二重まぶたがほとんどない北部地域の女性らに、韓国の女優キム・ヒソンのような二重まぶたにして欲しいと手術を依頼されることが多く、今回その技術を学びに来た」と話した。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。