美容整形・豊胸手術後の失敗・トラブルを減らす方法・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容整形・豊胸手術後の失敗・トラブルを減らす方法


美容整形・豊胸手術をしてみたいけど手術後の失敗・トラブルがこわいですね。

でも美容整形・豊胸手術の失敗やトラブルを減らす方法があるんです。


老若男女を問わず、キレイになりたい、カッコよくなりたいという願望を抱いている人は少なくないものです。

しかし、そうした欲望が取り返しのつかない傷となることもあります。

美容整形大国韓国でも、美容整形失敗やトラブルがありますから・・・。

 韓国では美容整形手術に関する民事訴訟が年を追うごとに増えています。

韓国消費者院は、昨年1年間の整形手術に関する救済申請の件数が71件となり、2004年(38件)、05年(52件)に続き増加の一途をたどっていると発表しました。

 主婦のAさん(42)は、05年12月から06年3月にかけ、顔の細かいシミを取り除くために7回にわたってレーザー治療を受けました。

ところが、シミが消えるどころか顔に炎症が生じ、傷あとが残ってしまいました。

Aさんは治療を受ける前、こうした副作用が起こり得ることについて医師から十分な説明を聞いていませんでした。

結局、このトラブルは示談で解決しましたが、
Aさんが味わった苦痛はそう簡単に癒されるものではありません。

予め、美容外科クリニックと美容整形の内容について十分話し合う必要がありますね。

 この3年間に韓国消費者院が受理した161件の救済申請のうち、93件がAさんのように副作用による被害を訴えるものでした。

その内訳は、「傷あと」(36.6%)、「炎症」(20.4%)、「色素の沈着」(17.2%)、「顔の左右非対称」(12.9%)という順でした。

そしてこれらの訴えの中で、手術を受ける前に副作用が起こる可能性について十分な説明があったケースはわずか20%でした。

39件は「手術や治療を受けても効果がなかった」というもので、「結果が満足のいくものでなかった」という訴えも13件に達しました。

 また、救済申請をした161人の消費者のうち、44人(27.3%)は追加施術を行っていたことが分かりました。

特に豊胸施術を受けた消費者のうち、再施術を受けた人が被害を訴えるケースが多い結果となりました。

プチ豊胸ぐらいなら、あんまりトラブルないんだけどね・・・。

 では、整形手術に関する被害を減らすためにはどうしたらよいのでしょうか。

 まず、施術前に施術の方法や副作用について、十分な説明を聞いておかなければなりません。

そして施術前の状態を写真に撮っておくことも必要です。

そうすることで、施術前と後の状態を比較することができるからです。

また、特異な体質があったり、以前に病気をしたことがある場合には、必ず医師に知らせるべきです。

副作用が生じたり、十分な効果が現れない場合どうするかについても、事前に医師と十分話し合う必要があります。

 また、施術を受けた後は、診療費の領収書やカルテ、施術関連の写真などをきちんと確保しておけば、トラブルが生じた場合、被害の事実を客観的に証明することができます。

そして、問題が生じたからといってすぐに他の病院で施術を受けたりせず、施術を担当した医師にまず相談すべきです。

また、消費者院の関係者は「副作用や再施術の必要性などについて、別の病院の医師から所見を聞く必要もある」と話しています。

安心して美容整形をしたいですね。

http://news.livedoor.com/article/detail/3209686/
スポンサーサイト
Copyright © 美容整形うわさと疑惑と本当の業界芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。