美容整形大国韓国の美容整形事情・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容整形大国韓国の美容整形事情


美容整形大国韓国の美容整形事情は本当にすごいです。

韓国には「整形通り」「整形特区」と呼ばれる一帯があるほどで、年々韓国の美容整形手術を受ける人は増加しています。

しかも韓国人だけでありません。

日本人も韓国の美容整形手術を受けています。

さすが韓国の美容整形ですね。

美容整形の技術は、韓国が一番でしょう。

http://news.livedoor.com/article/detail/3209726/

ソウル・江南区の新沙洞・狎鴎亭洞・清潭洞一帯は「整形通り」「整形特区」などと呼ばれている。

この一帯だけで100カ所を超える整形外科が集まっているためだ。

さらに江南区全体でみると、
その数は280カ所になる。

1年間にこれらの整形外科を訪れる外国人は数千人に上るといわれ、大きな医院では英語・中国語・日本語のホームページも開設している。

また、釜山市西面の整形外科は日本人の観光客に人気がある。

 中国の大都市のホテルやレストランに行くと、中国に進出した韓国の整形外科の広告を見かける。

韓国人が開業している「美容外科」には、韓国の女優の写真を持ってきて、「同じような顔にしてほしい」と依頼する中国人女性が後を絶たない。

広州のある整形外科には「あなたを韓国最高の美女、キム・ヒソンのようにしてあげます」という広告まで掲げられていた。

韓国人が開業する整形外科は上海だけで約20カ所、中国全体では約60カ所に上る。

 中国の整形外科医80人が、韓国の美容整形術を学ぶために韓国へやって来た。

彼らは著名な形成外科医院が主催したシンポジウムにも出席し、「曲線が長く角ばったあごの切除術」や「二重まぶたの手術」などを学んだ。

このシンポジウムは今年で3回目になる。韓国訪問にかかる費用やシンポジウム参加費は、中国の医師らが自ら負担した。

韓国の整形外科には中国のほか、香港や台湾からも多くの医師が研修を受けにやって来る。

昨年には米国シカゴ医科大の韓国系米国人2世の教授が、韓国の整形外科で1カ月以上にわたってノウハウを学んだ。

 韓国の美容整形術は、東洋的な美しさを生かすという長所がある、と評されている。

そのため、特にアジアで人気が高い。

目の内側を覆っているシワを除去し、両目の間を近付ける手術や、目の外側を切開し、目を大きく長い形状にする手術などの技術力が高く、また一般的に難度が高いとされる、鼻を長くする手術もよく行われている。

角ばったあごの切除も、あごの外側ではなく、口の中を切開するという方法で行われるため、傷あとが残らない。

 整形外科の活況ぶりは、医師の数が急増していることからもうかがい知れる。

2000年に926人だった整形外科専門医の数は今年約1400人に達し、50%以上も増えた。

医学部生が診療科を選択する際にも、整形外科は最も人気が高い診療科の1つになっている。

こうした優秀な人材と、これまで積み重ねてきた名声を十分に生かすことができれば、韓国の整形外科は国際競争力を兼ね備えた医療産業になり得る。

だが、美容整形ばかりに人気が集まり、若い女性の整形ブームを過度にあおっているのは問題だ。

先天的な要因や災害などによる奇形を直す再建外科にもより多くの関心を寄せていかねばならない。
スポンサーサイト
Copyright © 美容整形うわさと疑惑と本当の業界芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。