豊胸手術用のシリコン豊胸材が韓国で解禁・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

豊胸手術用のシリコン豊胸材が韓国で解禁


豊胸手術用のシリコン豊胸材が、韓国で解禁になりました。

シリコン豊胸材の解禁は、実に15年ぶりです。

豊胸手術用のシリコン豊胸材は人体に有害なため、使用禁止だったんですがね・・・。

今回解禁になった豊胸手術用のシリコン豊胸材は、体内で破れても人体に悪影響を及ぼさないそうです。

また豊胸手術にシリコン豊胸材ブームが来るかも?


人体に有害だとして論争の種になり、
1992年から韓国国内での使用が禁止されていたシリコン豊胸材が、15年ぶりに使用を許可された。

 食品医薬品安全庁は最近、韓国アラガン社の「イナメッド・シリコンジェル」と、米メンター社の「メモリージェル」の使用を認可した。同庁はこれらの製品を「継続管理対象とする医療機器」に指定し、これらの製品を使用して手術を受けた人は術後3年から2年に1回、核磁気共鳴画像法(MRI)による検査を受けるよう勧告するとした。

 これまで使用を禁止されていたシリコン豊胸材は、体内で傷が付くとネバネバした物質が流れ出し、組織が壊死したり炎症を起こすなどの副作用をもたらした。このため、米国ではシリコン豊胸材の使用をめぐって集団訴訟が起こり、米国と韓国で市販が禁止される事態につながり、その後は生理食塩水を使用した豊胸材が使われてきた。

 だが、今回新たに使用が認可されたシリコン豊胸材は、構造上の安全性に優れ、切っても中身が漏れて体内に染み込むことはないとしている。

 大韓美容形成外科学会のキム・ウギョン理事長は「患者がシリコン豊胸材を好む傾向にあるため、許可されていないにもかかわらず、多くの美容形成外科医が患者の同意を得た上で、違法なシリコン豊胸材を使った豊胸手術を行ってきた。このため、シリコン豊胸材を使う医師、使わない医師と食品医薬品安全庁の間で争ってきたが、これでようやく問題が解決することになった」とコメントした。
スポンサーサイト
Copyright © 美容整形うわさと疑惑と本当の業界芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。