美容整形中毒 芸能人以外の女性に増加 韓国・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美容整形中毒 芸能人以外の女性に増加 韓国


美容整形中毒が芸能人以外の女性に韓国で増加しているそうです。

芸能人では美容整形中毒患者は珍しくないですが、韓国ではごく一般の女性も中毒になってるそうです。

3回以上美容整形をすると、美容整形中毒です。

美容整形で美しくなると、さらに欲が出て美容整形をしてしまう。

美容整形で美しくなるのは良いですが、やりすぎはよくないですね。

年齢を重ねるたびに、少しずつ美容整形するのが一番かと思います。


「目がもう少し大きかったら、
鼻を少しだけ高くできたら…」整形外科を、自分の家に出入りするかのように、よく訪問する女性が目につくほど増えた。直した部分が気に入らず再手術を望む人々だ。目や鼻の手術だけを望んだ女性が額と顎などの他の部位の手術で、顔全体の輪郭を変えたりもする。整形中毒の初期症状である。

差し迫ったスケジュールの中で、早急な結果を望むがゆえに、速成で手術を受けて放送に出たり舞台に立つ芸能人が多い。後で気に入らずに結局、再び整形外科を訪れるという理由である。このような過程を経ながら全くの別人のように変ってしまう事も起こる。イメージ変身のために手術を決心したが、むしろ整形前後の写真を比較され、整形前がずっと良かったという指摘を受けたりもする。一時インターネット検索語1位を占めるほどにネチズンたちのうわさに上ったマイケル・ジャクソン、メラニー・グリフィスなどが、整形中毒の代表的な例である。

「特別な理由なくある部位を三回以上手術したいと思うなら整形中毒を疑わなければならない」、「初めから過度に手術に欲を出すよりも自分のイメージに合った部分を充分に相談することを原則としなければならない」ということである。

http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=4&ai_id=74845
スポンサーサイト
Copyright © 美容整形うわさと疑惑と本当の業界芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。