韓国、アンドロイドも流行の美容整形・美容整形に関する業界、芸能人のうわさ・疑惑・本当の情報及びニュース。美容整形動画・画像配信。プチ整形・目・鼻・口・豊胸・レーザー脱毛・視力回復レーシック・植毛等の美容整形情報・ニュース発信。
■ 意志が弱いほど“やせる”唯一のダイエット
↓美容整形 無料動画

↓すべて無料で見れます

□ 手術もしないでくっきり二重になる唯一の方法

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

韓国、アンドロイドも流行の美容整形


韓国の美容整形ブームはとどまるところをしりませんね。

人だけでなく、女性型アンドロイドも美容整形です・・。

韓国で開発された最新型の女性型アンドロイドが、国内の流行に遅れをとらないよう「美容整形」を行うことになった。

 美容整形に挑むロボットは20代の韓国人女性を想定したアンドロイドで、韓国生産技術研究院(Korea Institute of Industrial Technology)の開発チームが製作した。聖書の創世記に出てくる「イブ」とロボットの頭文字「R」、英語の「ミューズ(女神)」を組み合わせて「EveR-2 Muse」と名づけられている。会話をする、歌を歌う、アイ・コンタクトをするなどの「技能」のほか、喜怒哀楽などの感情を表現できる。

 しかし、13日付の地元英字紙コリア・タイムス(Korea Times)が報じた開発者のインタビューによると、前世代にあたる「EveR-1」に比べて「EveR-2 Muse」のほうが、率直に言えば「やぼったい」と感じている韓国人が多いという。男女を問わず、容姿改善のためならばメスを振られることをためらわない韓国では、
解決法は明快。美容整形だ。

ここまでくると、笑っちゃいますね^^

 「EveR-1は本物の人間のようにリアルでした。EveR-2は人形のような外見にしたので、最初は私はEveR-2 のほうがEveR-1よりも可愛いと思ったのですが」とロボットの開発チームのひとり、技術研究院のBaeg Moon-Hong氏は言う。「世間は私の意見と違うようで、EveR-1のほうが良かったという。なのでEveR-2に”美容整形”を施すことにして、さらに手も小さめに直すことにしました」。

韓国の美に対する意識の強さが伺えます・・。

■ 外見がいいのが不可欠

 Baeg氏によると、開発チームはまずEveR-2の顔部分の構造を変更した上で、より質の良い「肌」に変えるという。「アンドロイドは人間と直接、対面するためのものなので、多様な機能を追求して開発した人間型ロボットと異なり、外見が良くなければなりません。現在実施中の整形手術が終われば、EveR-2はずっと好印象になります」。

 EveR-1に使用されたモーターは35個だが、EveR-2では58個に増えている。またEveR-1が表現できる感情は喜怒哀楽の4種類だったが、EveR-2は「退屈」などさらに4種類の表情が加わり、個性も「豊か」だ。身長はEveR-2がEveR-1よりも5センチ高く165センチある。

 ただし動きについては、EveR-2は歌ったり、リズムにあわせて腕やヒップ、ひざなどを動かしたりはできるものの、足を動かせないためまだ歩けない。

 技術研究院の開発チームでは、自然に歩き、自然に話すことができる新世代アンドロイドを開発中だ。

アンドロイドにまで美容整形しなくても・・・って気もするけど・・。


(引用:AFPNews
スポンサーサイト
Copyright © 美容整形うわさと疑惑と本当の業界芸能情報 All Rights Reserved.
Template Desingned by きゃんたまんの実験室
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。